イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

リフティングが上手くなるとサッカーが上手くなる?

昼間は暑くて夜は涼しい。

むしろ少し寒くて若干体調を崩してます。

寝てる時に体が冷えちゃうんですよねー。

ちょっと喉が痛い。今日も頑張りましょう。

 

 

 

私の所属してるチームは、規模は小さく強くないけれども日々頑張っています。

そんな中、最近リフティング大会なるものが始まりました。

何回できるかと、体のどこを使ってできるか。インステップ、インサイド、アウトサイドなどなど。

最近の子供はリフティングが上手な子が多いこと多いこと。

500回できたよ!

800回できたよ!

1000回できた!

まじですか…

私が小学生の頃は100回もできませんでしたけど。。。

今は高学年なら100回はできて当たり前な空気。

得意不得意があるからみんながみんなできるわけじゃないけど、それでもうまい子が多い。

昔よりは全体のレベルそのものが高くなってるんですかね。

 

だけど…

 

だけど…

 

サッカーはへたっぴなんですよ。

 

止めて、ドリブルして、蹴る。

この基本がレベル低い。

もちろん個人差はあるけれども…

リフティングがうまいイコールサッカーがうまいじゃないんだなーと改めて実感。

リフティングの練習をして上手くなるのはリフティングなんですね。

もちろんまったく意味がない無駄だとは思いません。

リフティングは回数ができればいいってもんじゃないってことですね。

色々な箇所で色々な蹴り方をするから意味があるのかと思います。

だからこそのリフティング大会。

色々な蹴り方を練習してほしいものです。

 

それと他の基礎を上達させなきゃこれ以上強くなれないなー。

止めて蹴る。あと運ぶ。

それを高いクオリティでできれば強くなるはず。

でもそれが難しい…何よりも…

 

まあ、楽しんでいこう!