イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

飛び級招集

こんにちは

イナバコーチです。

U20W杯がもうすぐですね。

昨日の親善試合はハイライトでしか見てないですけどなかなかいい試合をしたみたいですね。

15歳の久保選手が飛び級招集されて話題になってますね。

将来性はすごくあると思うのでしっかりと結果を出して、次に繋げてほしいですね。

活躍を期待してます。

ただ、久保選手の報道のされ方にかなり疑問を感じます。

まあ…その話はまた今度。

 

ガンバレニッポン!

 

 

下克上

イナバコーチのチームも飛び級招集はあります。

以前6年生の試合に3年生を連れて行ったこともあります。

 

 流石に足の速さやパワーなどのフィジカルは敵いませんが、テクニックと状況判断能力は非常に優れているので、対等にやれていました。

むしろドリブルやスルーパスでチャンスをたくさん作り出していました。

 

3学年飛び級は珍しいですが、2学年ならしょっちゅうあります。

そんな子が6年生になった時、非常に楽しみだと思うのですが、あまり良い結果にならない時があるんですよね。

 

飛び抜けて上手い子とチームメイトの融合。
そんなに難しいことでは無いと思うんですけど、なかなか上手くいかない時もあります。

チームメイトがその上手い子に頼りきりになってしまって、ボールをすぐに上手い子に渡す。

ボールをもらってもフォローも無いから1人で行く。

ちょっと強い相手になるとそれじゃ通用しないんですよね。

1人じゃ勝つことは出来ない。

 人に任せるな。自分でやれ。とは言うんですけど、遠慮してしまって結局ボールを渡してしまう。

 

その上手い子がいない時の方がチームとしては機能する場合があります。

 

もちろん上手く行く時もありますよ。

チームと上手くフィットすれば、とても強いチームになります。

 

メンバーの適性や性格などを考えてベストなフォーメーションや戦術を考える。

それがハマった時のチームは実力以上に強くなります。

その瞬間はコーチとしてもホント最高です。

 

上手くいかないことの方が多いですけど…

 

 

今年も楽しみな4年生がいるので(チームで一番うまい)、チームに最高にフィットできるような体制を整えたいと思います。

 

楽しんでいこう。