イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

ルールを学ぼう

こんにちはイナバコーチです。

今回のU20W杯で、ビデオ判定が導入されましたね。

いろんな試合で判定に影響を与えてるみたいですね。

日本の試合でも、ゴールが認められた場面がありました。

平等にジャッジするためにはあってもいいですよね。

 

 

基本くらいは…

先日練習中のミニゲームで、私が審判をしていた時のこと、ボールがタッチラインを割ってアウトになったので腕を横にあげてどっちのボールだということを示しました。

 

すると、選手たちが、どっちのボール!?

と、聞いてきます。

ん?と思いながらもう一度腕を横に上げて示しました。

するともう一度、ねえ!どっち!?

と、聞いてきます。

 

ん?まさか…

 

知らんの?

 

案の定、腕を上げた意味を分かっていませんでした。

 

オフサイドやファウルなどについても聞いてみましたがよくわからないという子が数名。

 

完全にコーチの責任です。

もうそれくらい知ってるだろうと思ってしまい、教えることを怠ってしまっていました。

 

細かいルールまではまだ覚えなくていいかもしれないけど、試合に必要な事くらいは覚えてもらわないと困るので、教えようかなと思います。

 

ただ、子供達はちょっと難しい話やめんどくさい話になると、途端に聞かなくなるので教えるのでなかなか難しい。

試合形式のゲームで覚えてくれたら嬉しいんだけど難しいですよね。

覚えるスピードも個人差が大きいのでどう教えていいか…

学校の先生は大変ですね。

 

私が小学生の頃は親に子供向けのルールの本を買ってもらって読んだものですけど、皆はやらないんですかね。

 

サッカーはボールを蹴ればいいだけじゃない。

決められたルールの中で考え動かなければいけません。

なのでルールを覚えることも必要です。

そしてルールを教えることも重要です。

精進します。