イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

ほしいけど見つからない

こんにちはイナバコーチです。

キャプテン翼の日向君。

知ってますか?

あのタイプは日本代表が喉から手が出るほどほしいタイプじゃ無いでしょうか?

決定力はもちろん最強。

勝負を仕掛けて1人で決めることができる。

最前線でボールの受け場所となり、ポストプレイもできる。

守備にも超貢献できる。

ホント理想のフォワードです。

でも、なかなかいないんですよね。

 

ストライカー不足

イナバコーチの所属するチームにも、もちろんいません。

他のチームを見てもなかなかいません。

 

まず意地でも俺が点取ってやる!って子がいないです。

低学年ではしょっちゅういるんですけど、高学年になるにつれて減ってきます。

 

それとフォワード人気が下がったような気がします。

理由は色々あると思いますが、他にすごく魅力的なポジションがあるというのが考えられます。

チームの子供達はみんなトップ下トップ下トップ下って言います。

ルールをよく知らない子でもトップ下は知ってます。

やっぱり一番うまい選手はトップ下をやるもんだと思われてるんですかね。

まぁ、そういう場合も多いですけどね。

でも、メッシもクリロナネイマールフォワードです。

 

 フォワード人気が 下がった理由、他にも色々あると思いますけど、その一つに少年サッカーの指導のやり方にもあるんじゃ無いかとも思ってます。

 

様々なチームを見てて思いますが、フォワードが一対一で仕掛けて強引にシュートという場面がすごく少ない気がします。

すぐパスをしてしまう。

恐らく、パスの練習を取り入れ過ぎているのでは無いかと考えています。

3対3や4対4の練習をしててもパスをメインで練習を進めているのでは無いでしょうか。

 

私自身もミニゲームでは周りを見て。

パスをしてとよく言います。

それが良いか悪いかは置いておいて、ミニゲームなどではパスばかりさせておいて、フルコートの試合ではいきなり仕掛けろ勝負しろと言ってもなかなか出来ないですよね。

もちろん一対一の練習もしてますけど、やはり試合とは違いますよね。

 

もっと強引さがほしいです。

俺が点取ってやる位の気持ちが欲しいです。

 なので、もうちょっと勝負するように伝えたいと思います。

 

 

 

 

なかなか理想には程遠い事ばかりですね。

こんな時こそ指導者の腕が問われるのかもしれませんね。

精進します。