イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

決定力不足

こんにちは

イナバコーチです。

U20W杯、負けてしまいましたね。

残念です。

惜しい場面もあり勝てるチャンスがあっただけに悔しいですね。

決定力不足は永遠の課題ですね。

ただ、今後も楽しみな選手が何名かいました。

特に堂安選手は良いインパクト残しましたね。

クラブでも良い調子ですね。

これからが非常に楽しみな選手です。

要チェックです。

 

いつまで続く?

決定力不足は日本代表の昔からの課題ですね。

ずーーーーーっと、言われ続けてます。

日本は本当に枠に飛ばないです。

もちろん決まる時は決まるけど、決まらない時はホント決まらない。

何本打っても決まらない。

 

枠に行かないシュートが多すぎると思うんです。

特にゴールより上に蹴ってしまう、いわゆるふかしてしまうことがとても多い。

U20W杯もそうでしたけど、ゴール上にポーンと飛んでいってしまうシュートがたくさんありました。

 

シュートが枠に行かないのはすごく勿体無いと思います。

昨日の試合も日本のシュートは12本でしたが、枠内シュートは1本でした。

これは非常に低い数字です。

決定力不足の解消には、この枠内シュート率を上げて行かないとダメですよね。

 

ちなみに、予選のイタリア戦はシュートが13本で枠内シュートが5本で2得点。

まあまあ良いと思います。

 

枠内シュートを増やせれば自然に決定率も上がると思うので、とにかく枠に飛ばす。

シュートを低く抑える。

 

これは子供達でも一緒です。

低く抑えて蹴るトレーニングはやっておいて損はないです。

ゴロでコースを狙ってシュートする。

小さい頃からゴロでコースを狙ってシュートを打つ練習をしてすれば、コントロールも良くなり決定率は間違いなく上がります。

 

積極的に低く強く打とう!