イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

文句ばっかり言う子

こんにちは

イナバコーチです。

AFCの浦和対韓国のチームで乱闘事件がありましたね。

阿部選手が肘打ち食らって槙野選手が追いかけられて…

負けてイライラするのは分かるけど、そんなことばかりしてたら韓国のイメージが悪くなってしまいます。

色々問題を起こしてますしね。

子供達も見ています。

もう少し手本となるような責任のある行動を取ってほしいです。

 

 

 

イナバコーチのチームの選手に、すぐに文句を言う子がいます。

試合形式の練習の時に、味方がミスしたら

何やってんだよ!

ちゃんとやれよ!

何で取られてんだよ!

何ミスってんだよ!

などなど。

まあ口が悪い。

どこのチームにも1人はいるんじゃないでしょうか?

強気な子同士だと口喧嘩に発展してしまいます。

子供なので口が悪いのはしょうがないですけど、あまりにひどい時は注意します。

 

子供達が文句を言うのは、まあ良いんですけど、私としてはその先まで言ってもらえたら良いんじゃないかと思ってます。

 

例えば、パスを失敗して敵に取られたら、

ちゃんとパス出せよ!

じゃなくて、

今ここに敵がいたぞ。ちゃんと確認すればそれは分かるんだから、パスを出す前に確認して出せよ。

みたいな感じですね。

つまり、子供達同士で教えあうということです。

そうすることによって、教えてもらった方はもちろん気をつけてやるし、教えた方も自分を振り返って手本となるようしっかりとやるようになる。

まあ、うまくいけば良いですが、なかなかそうはいかないので間に指導者が入って上手くチームを回せたら良いなと思います。

 

話をすることによってチーム内でのコミュニケーションも取れるので良いことがたくさんだと思うんです。

サッカーでコミュニケーションを取るというのが、私のチームには不足している気がするんです。

サッカーとは関係のない話はいくらでもしてますけど…

せっかく皆でサッカーをやりにきているのだから、もうちょっとサッカーの話を仲間たちとしてほしいなと思っています。

 

それでサッカーの楽しさに気づいてもっとサッカーを好きになって夢中になってくれたらすごく嬉しいですね。

 

そこを目指して頑張ります。