イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

ボールをもらう動き

こんにちは

イナバコーチです。

 

昨日はシリア戦でしたね。

どうだったでしょうか。

前半は微妙でしたね。

いいところなし。

香川選手が怪我しただけ。

大丈夫でしょうか。

 

後半はだいぶ流れが変わりましたね。

中でもやはり乾選手。

久しぶりの代表戦でしたが、すごくレベルアップしてましたね。

チームに上手く溶け込んで良さがたくさん出てました。

長友選手とも相性良さそうですね。

上手くいけば左サイドはストロングポイントになりそうですね。

 

そしてもう1人、本田選手。

インサイドハーフに入ってからは、明らかにチームが機能し始めましたね。

ボールの収まりどころが一個増えたイメージ。

常にボールをもらいたい場所をしっかりと伝えてました。

恐らくボールを受けてからの何手か先のイメージが出来ているのではないでしょうか?

もう少し慣れて来て周りとの連携が取れれば非常に良くなるかもしれませんね。

 

ただ…二本の決定機、決めて欲しかったですね。

そこがすごく残念です。

決定力はあるほうだと思うので次は決めてもらいたいです。

 

 

内容、結果ともに駄目でしたけど、少しは収穫があったと思うので、次に繋げてもらいたいですね。

次は絶対に負けられませんから。

ガンバレニッポン!

 

 

 

さて、ボールのもらい方の話。

 

イナバコーチのチームでは上級生向けの練習で、2タッチ又は3タッチでのミニゲームをやることがありますが、子供達には全く人気がありません。

なぜかと言うと、難しいからの一言です。

確かに簡単ではありません。

 

なぜ難しいのか。

理由はたくさんあります。

パスがブレる、トラップが下手などの技術面の難しさ。

そして、どこへパスを出せばいいか分からない、ボールを持っていない時にどう動けばいいか分からないなどの状況判断の難しさ。

特に状況判断の部分で苦しんでると思います。

 

タッチ数を制限してミニゲームをやるのには理由があります。

私はただ、パスサッカーをさせるためと言う理由ではありません。

上記の状況判断を身につけるためです。

特にボールを持っていない時の動き方。

いわゆるオフザボールの動きですね。

どこへ動けばパスを貰えるのか、どこで貰えば次へ繋がるか。

これを身につけて欲しいからです。

 

子供達はどうしても経験が足りません。

そして、毎日教えられるわけではないので、覚えられることも少ないです。

 

なので伝えることは少なめに。

  • 敵の裏に入れ。
  • 敵と敵の間に入れ。

これだけで勘のいい子は以外といい動きができるようになります。

もちろん、これだけでは判断できない子も多いので細かく指導しますが、基本は上記の2つだと思います。

 

ボールを受ける動きが出来れば、選択肢が増えるのでドリブルも活きてきます 。

 

 

日本代表の本田選手はこの受ける動きがうまかったです。

あと、U20W杯に出てた久保選手もとてもいい動きをします。

 

試合を観戦する時はそんな動きを注意して見るのも面白いと思うし、参考になると思います。

いつもボールを追っている人は是非視点を変えて見てください。

意外と面白いですよ。

 

 

さあ、頑張って行こう。