イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

ドリブルチャレンジ

今日は

イナバコーチです。

風邪が治りかけてきたけど、喉がやられてます。

喋るのしんどい。

早く良くなりたい。

 

 

 

ドリブルの話。

練習中や試合中の一対一の場面で、何をしたらいいかわからない子って多いですよね?

ドリブルの仕掛け方と言うところでしょうか、それがどうしたらいいか分からずに結局何も出来なくて取られてしまう。

 

一応簡単なフェイントなんかは教えたりしますけど、見てるとみんな大体誰かの真似をしたりして自然にできるようになっていくことが多いと思います。

ただ、出来ない子はいつまで経っても出来ません。

 

そんな子には特徴があります。

 

まず、練習中チャレンジをしません。

教えたことを練習で使ってと言っても、失敗することを嫌がり出来ません。

最初は誰でも失敗するものです。

少しずつ色々出来るようになるものです。

 

イナバコーチも家で少し練習します。

いきなり本番で出来ないこともあるからです。

失敗は成功のもと。

どんどんチャレンジしてたくさん失敗して出来るようになってほしいものですね。

 

それともう一つ、そもそも練習不足です。

毎日ボールに触るんだよとは言いますが、こればっかりはやる子とやらない子の差がはっきり出ます。

毎日じゃなくてもいいから家でやる子と、チームでの練習しかしない子は伸びがまるで違います。

 

 やっぱり上手くなるためには毎日触ることですよね。

そうすればボールコントロールに余裕が出てきて色々なチャレンジもしやすくなります。

日々の積み重ねが何よりも一番大事ですね。

 

イナバコーチも良い手本となれるよう日々頑張ります。

今日も頑張ろう。