イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

試合に入れる準備

こんにちは

イナバコーチです。

 

昨日、イナバコーチのチームは大会に出場してきました。

しかし、いつもとは違います。

なんとダブルブッキングしてしまったんです。

 

もちろんお誘いを受けた時点で分かってはいたんですけど、事情があり受けることにしました。

主催者側も承諾していただけたのでね…

 

2チームに分かれて行きましたが、分け方は単純明快。

選抜チームと控えチーム。

イナバコーチは控えチームに行くことになりました。

 

イナバコーチは控えチームでも、敵チームは控えではありません。

バリバリ全力です。

負けてしまいましたが、そこまで実力に差があるとは思いませんでした。

 

ただ経験の差が目に見えて出た試合でした。

控えメンバーなので試合に出る機会が少ないのでどうしても分からないことが多いですね。

これから経験を沢山積んで成長してほしいと思います。

 

 

さて、イナバコーチは試合中ベンチにいる選手に試合に出る準備をしておいてねと言います。

準備といっても、ただユニフォーム着てすね当て付けてとかそういう事を言ってるんじゃないんです。

 

普段呼ばれない選手からなんの準備?と言われて、確かに初めて聞いたら分からないよなと思いました。

 

試合の流れに入れる準備をしておいてほしいという意味で言います。

 

試合を見ていると、いいプレイや悪いプレイ、ポジショニング、動き方、など色々とありますが、それをフィールドに出てる選手とベンチの選手にも伝えています。

その話を聞いて、試合を見て、自分が出たらこう動こう、ここは気をつけようなど考える。

そして試合に出たらそれを意識してプレイする。

 

それがイナバコーチの言うところの試合の準備です。

試合に出ていなくても、自分が出ているという目線で試合を見てどうするか考える。

 

すごく大事な事だと思います。

 

子供はどうしてもただ見ているだけになりがちです。

漠然と見ているだけではなく考えて見ることができれば良いですよね。

そこにも上達の道があります。

 

なるべく無駄な時間は減らしたいです。

そのためには指導者の集中と気配りが必須ですね。

頑張ります。