イナバコーチのサッカーやろうぜ

少年サッカーのお父さんコーチ、イナバコーチのの成長記?を綴ります

夏の起用法

今日は。

イナバコーチです。

 

暑い日が続きますね。

まだ夏本番はこれからです。

体調には十分気をつけましょう。

 

 

今、イナバコーチのチームは夏の大会のシーズン真っ只中です。

毎週の様に大会があります。

 

夏の大会は春秋冬と違って、体力の消耗がハンパないです。

夏の1試合は春秋冬の2試合以上と言ってもいいくらいです。

それくらい動きが鈍くなります。

 

少年サッカーでは1日3試合やる時もあるので、3試合目はもう開始からバテバテです。

そこで大事になるのが選手交代です。

いかに全員を少しでも休ませることが出来るかが大事です。

 

ただ、相手が強いと中心選手を休ませるのは正直辛いです。

どうしても外せない選手というのがどのチームでもほとんどいます。

ただ、そこをなんとか上手くバランスをとりながら休ませなければなりません。

3試合全てを勝ちたいと思ったらそこのバランスは重要だと思います。

指導者の腕の見せ所です。

 

イナバコーチのチームは大会の場合は基本的に選抜チームを連れて行きます。

ただ、そうすると実力的にずっと出場できない選手が出てしまうので、ある程度ローテーションで連れて行く選手を決めます。

さらに、夏場は下の学年も含め多めに選手を連れて行きます。

 

そんな中でやりくりして、勝ち上がった時には子供達も喜びますが、コーチ達の方が喜んでるかもしれません。

 

勝利が全てとは言いませんが、やはりチームとしての目標は必要で、子供達はやっぱり勝ちたいと望んでいることがほとんどです。

なるべく勝たせてあげたい。

でも、ただ勝てばいいんじゃなく、全ての選手が満足して勝利をする。

無理かもしれないけれど、そこに向かって指導者も精進しなければいけないですね。

 

夏は暑い。

 

バテない様に乗り切りましょう。